マスタータワーの継承者マイケル

ルカリオでごり押し

【JPNOPEN準優勝構築】ルカリオ入り対面&トリル展開構築

 f:id:o9o61982775754:20170924143928p:image

どうもマイケルです。今回は第8回JPNOPENで使った構築記事となります。

今回のコンセプトとしては対面とトリル展開を組み合わせて柔軟に戦えるようなものとなっています。

それでは単体紹介です。

 

1、ルカリオ@メガストーン

f:id:o9o61982775754:20170924041547p:image

精神力→適応力

臆病 B4 C252 S252

はどうだん、ラスターカノン

サイコキネシス、わるだくみ

 

いつもの相棒枠。今回は構築的にドヒドイデ入りの受けルがきつかったのでそこに刺さるサイキネルカリオを連れてきました。実際オフを通して一回もその系統の構築に当たらなかったのでほとんど出しませんでした。でも出せたときにはかなりの活躍をするので入れておいて損はないです。

 オフ選出率 6位

 

2、リザードン@メガストーンY

f:id:o9o61982775754:20170924042624p:image

もうか→ひでり

臆病 C252 D4 S252

だいもんじソーラービーム

めざめるパワー氷、ニトロチャージ

 

ルカリオにつぐ頼れる相棒枠。今回は真皇杯で使ったのと同じ型を持ってきました。努力配分と技構成も全く同じです。やはりこのポケモンのニトチャはとても強いです。一回積めれば全抜きできるほどのパワーがあるのでとても使いやすいです。それでも大文字を採用しないと微妙に火力が足りないので安定するかと言われると怪しいです。

オフ選出率 5位

 

3、ミミッキュ@フェアリーZ

f:id:o9o61982775754:20170924043823p:image

ばけのかわ

意地っ張り H164 A140 B196 D4 S4

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

 

Z枠&相手のエースをとめるストッパー枠。今回はかなりテンプレのABミミッキュをつれてきました。調整は以下の通りです。

 HB:意地っ張りメガバシャのフレドラ確定耐え、意地っ張りメガマンダのすてみ確定耐え、意地っ張りメガギャラの1舞滝登り確定耐え

やはりこのポケモンは頭がおかしいレベルで強いです。実質2回行動保証があるみたいなものなのでたとえバシャへのあと投げのタイミングでフレドラを撃たれたとしても急所に当たらなければこちらは倒れないのであと投げも比較的安定かと思われます。本当にこいつを構築から外す理由が見つからないほど強いです。

オフ選出率 1位

 

4、マンムー @いのちのたま

 f:id:o9o61982775754:20170924051937p:image

あついしぼう

意地っ張り A252 B4 D252

つららばり、じしん

こおりのつぶて、ばかぢから

 

トリルエース。トリル下で運用したときのこいつの突破力にくらえてDに振ることで対面性能も上がるためかなり動かしやすかったです。なによりも連続技を持っているので身代わりや襷、化けの皮などを使ってトリルターンをからそうとする相手にめっぽう強かったです。あとはこいつがトリルエースだということがわかりにくいためトリル展開が読まれなかったのもかなりいい点でした。

オフ選出率 3位

 

5、ポリゴン2@しんかのきせき

f:id:o9o61982775754:20170924055543j:image

ダウンロード

控えめ H244 B12 C248 D4

トライアタック、10まんボルト

めざめるパワー炎、トリックルーム

 

トリル要因。努力値に関してはめざ炎の個体を採用して王冠を使うのがめんどくさかったのでこんな感じになってます(参考にする人はぜひ王冠を使いましょう)。こいつの対面性能は本当に優秀です。一致格闘または格闘Z持ちじゃない限りは基本耐えてトリルをはって展開することができました。また、ダウンロードでCが上がったあとの火力もかなり出たので本当にこいつは器用なポケモンです。今回使ってみて正直めざ炎よりかはミミッキュ、テテフ、グロスあたりに打点が持てるようにシャドボにするのがいいと思い、少し後悔しています。

オフ選出率 2位

 

6、キノガッサ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20170924153303p:image

テクニシャン

陽気 A252 B4 S252

タネマシンガン、マッハパンチ

がんせきふうじ、きのこのほうし

 

襷枠。こいつの対面性能もなかなかに素晴らしいです。出したときにはかなりの確率で仕事をしてくれます。また、選出しなくてもパーティーに入れておくだけで相手はこのポケモンを警戒するので初手からコケコやレヒレを出してフィールドをはって対策してくるので選出等も比較的に読みやすかったです。

 

選出例

対面気味

キノガッサ+リザードン+ミミッキュ

トリル展開

ポリゴン2+マンムー+ミミッキュ

 

まとめ

構築的にはかなり使いやすいうえに単体のパワーがあるため相手からしたら辛い感じに思えました。また、ポリ2マンムーを並べてもトリルとはあまり思われなかったので比較的に立ち回りやすかったです。対面の方でもうまく立ち回れば相手を完封できるなどなかなか強いと個人的には思いました。しかし、パーティー的にバシャーモメタグロスが重たかったのでリザの枠をマンダ、ポリ2の技構成をめざパからシャドボに変えた方がいいと思い、意外と構築の穴などが見つかりました。

 

雑談

ここからはオフに対する雑談となります。JPNOPEN自体は2回目の参加でした。1回目は予選落ちという結果だったため、今回はかなり気合を入れていました。ですが今回はかなり人数が多かったため少し難しいかなと思っていました。それでも予選は無事6ー3でブロック2位抜けしました。そして本戦が始まりました。本戦はポケモンの個体や技構成が変えられるといった特別なルールでしたが自分は変更することなく挑みました。ですが今思うとポリ2の技構成を変えればと後悔しています。本戦自体はかなりきつい試合が多くなんども運などに助けられました。そしてベスト4まできて次の対戦相手があみゅライバーでおなじみとすT君でした。 とすT君とは毎回仲良くさせてもらっている反面一番負けたくない相手でした。そんな試合危なげながらも自分が勝つことができました。そして決勝の舞台、相手は超強者のライさんです。とても緊張しながらも心を落ち着かせて決勝戦が始まりました。序盤のほうはこちらがいい展開を作ることができましたが不運が重なり負けてしまいました。(試合内容はJPNさんのYouTubeのほうにアップされているのでよければ見てください) ここまでくると自分のポケモン達は余程決勝戦が苦手なように思ってしまいます。こうして今回のJPNOPENは終わりを迎えました。個人的にここまで来れて嬉しい反面優勝できなくてとても悔しかったです。次回参加する際は優勝を取れるように頑張っていきたいです。

 

ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 

何か質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo)までお願いします。

 

 

 

 

 

【s5 2ロム2000達成構築】対面ルカリザx

f:id:o9o61982775754:20170910205917p:image

初めましての方は初めまして、そうでない方はいつもありがとうごさいます。マイケルというものです。今回はs5で自分が使ってた構築となっています。

今回の構築のテーマといたしましては耐久をふってみれる範囲を増やしていこうというものになっています。(とはいっても細かい調整をしているのは三匹ですけどねw)

それでは個別に紹介していきたいと思います。

 

1、メガルカリオ@メガストーン

f:id:o9o61982775754:20170910184030p:image

精神力→適応力

臆病 H172 B4 C12 D116 S204

きあいだま、ラスターカノン

しんくうは、わるだくみ

 

いつもの相棒枠です。今回はHDに厚くふった特殊型となっています。調整は以下の通りです。

HBを陽気Aぶっぱマンダの捨て身を75%耐え、意地っ張りAぶっぱミミッキュのシャドクロz+影うち耐え&じゃれつくzを最高乱数以外耐え

HDを控えめCぶっぱテテフのフィールドサイキネを81.2%耐え

CをH4ふりテテフをラスカノで確1

Sを準速マンダ抜き

個人的にはかなり使いやすいかったです。耐久が厚めのため積む機会はかなり多いうえに積めればそこそこの火力を出すことができます。たとえ積むことができなくても最低限の火力を出すことができるので見たいところは見ることが可能です。自分自身気合玉の命中高くないためあまり採用はしませんでしたが以外と打つ相手はポリ2やナットレイテッカグヤといった火力が低いポケモンのため最悪一回外してもリカバリーはききやすかったです。しかし、終盤からグロスが増えてきてたためもう少しsラインを上げたいとは思いました。

選出率 2位

 

2、メガリザードンx@メガストーンx

f:id:o9o61982775754:20170911113007p:image

もうか→かたいつめ

意地っ張り A252 B4 S252

フレアドライブげきりん

ニトロチャージつるぎのまい

 

受けル等の崩し枠。毎度のことながら受けルが重くなってしまうため今回はその役目をリザに任せることにしました。こいつじたいは特に調整はしていません。火力を削ってしまうとドヒドイデやヤドラン等への乱数が変わってしまいます。またsもなるべく多くのポケモンのうえを取るためにこのような形になっています。使っていて思ったのはレヒレがかなり多かったためなかなか選出する機会が少なかったです。なので基本受け構築以外には出しませんでした。おそらくリザyのほうが個人的には刺さっていたと思ったので他に崩し枠を設けるのもよかったと思います。

選出率 5位

 

3、ミミッキュ@フェアリーz

f:id:o9o61982775754:20170911211620p:image

ばけのかわ

意地っ張り H100 A140 B116 D4 S148

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

 

z枠。今回は最近流行りのABミミッキュを使ってみました。しかし、一般的なABミミッキュとは努力値はかなり違います。これはエルバ(@elba_poke)さんという方に教えてもらった ものとなっています。調整は以下の通りです。

HBを陽気メガギャラの1舞滝登りを最高乱数以外耐え、陽気バシャのフレドラを75%&意地っ張りバシャのフレドラを30%耐え

Sを最速70属抜き

始めて使ってみましたがかなり使いやすかったです。なにより多くのメガに勝てるのが優秀でした。マンダにも恩返しだったら振り方次第では耐えることができたためそこそこ安定はして打ち合うことができました。テンプレとは違いかなり耐久を落としていますがその代わりにガッサやABミミッキュ対面はうえを取ることができたのでとても絶妙な調整だと思いました。しかし、Aを削っていることもありHBレヒレが1舞じゃれつくzで落ちなかったり、ポリ2が1舞じゃれつく+じゃれつくz落ちなかったりとかなり一長一短なところはありました。

選出率 1位

 

4、カバルドン@オボンのみ

f:id:o9o61982775754:20170911213303p:image

すなおこし

慎重 H252 A4 D252

 じしん、あくび

ステルスロック、ふきとばし

 

起点作り要因。テンプレのステロあくび型となっています。こいつに関しては特にいうことはありません。しかし、今期はレヒレの増加+リフレク弱保コケコの登場によりかなり動かしにくいうえに至るところからzが飛んできてなにもできずに終わるといったことも多々ありました。実際この枠はランドやマンムー等で回していましたがどれもしっくりとこなく結局カバルドンになりました。そのためかなり置物になっていました。それでもレヒレやコケコが出てきやすくなったので選出誘導役にはなってくれたと思っています。

選出率 6位

 

5、スイクン@とつげきチョッキ

f:id:o9o61982775754:20170911214826j:image

プレッシャー

控えめ H60 B4 C252 D12 S180

ねっとう、こごえるかぜ

ミラーコートぜったいれいど

 

主に特殊ポケモンをみる枠。 CとSにさいたいわゆるふゆのスイクンです。ここまでで明らかにテテフが重いのでそれを対面で勝ててなおかつステロ巻き要因に強くするためにこいつを選びました。かなり安定していて多くの特殊ポケモンを返り討ちにしてきました。特にカバ読みで草zゲッコウガを誘いやすくなっていて通常ならそのままスイクンも狩られてしまうところをチョッキを持たせることで確実に耐えてミラコで倒すことも何度かありました。バシャやマンダ等のメガ枠にも対面有利なので環境的に刺さっていました。

選出率 4位

 

6、ゲッコウガ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20170912004305j:image

げきりゅう

臆病 B4 C252 S252

なみのりあくのはどう

れいとうビーム、みずしゅりけん

 

襷枠。技構成や努力値調整はいたって普通ですが今回は特性を激流で使っています。理由は今回の場合れいB以外はタイプ一致で打てるため変幻自在である必要がありません。逆に激流のおかげで確定数が変わるのでかなり活躍しました。例としては無振りテテフをなみのり+激流なみのりで落とすことができます。またかなりの人が変幻自在だと思ってくれてスカーフテテフがサイキネを打ってくれて勝つこともありました。

選出率 3位

 

選出の仕方

基本選出

ゲッコウガ+ミミッキュ+メガ枠

受けル

スイクン+ミミッキュ+リザードン

 

まとめ

 今回の構築は個人的には使いやすくとても良いものに仕上がったと思っていましたがそれでも2000を乗せるのがやっとでした。レヒレやコケコなどを少し強引な形でみてしまっていたのとカバルドンの枠が動かしにくかった点とリザがxよりyのほうが比較的動かしやすかったといったところが2100に届かなかった原因かとも思われます。今期はかなり気合が入っていたぶん良い結果が出さなくて悔しい気持ちでいっぱいです。次のシーズンがおそらくSM最後のシーズンとなるのでそこで優秀の美を飾れるように努力していきたいと思っています。

最後にメインで2000達成した時の画像を載せておきます。

f:id:o9o61982775754:20170912121945j:image

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

なにか質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo)までお願いします。

 

 

 

 

 

 

【真皇杯ラスチャレ&本戦優勝構築】ルカリオリザードン式対面構築

f:id:o9o61982775754:20170717143755p:image

初めましてマイケルと言います。今回は真皇杯のラストチャレンジと本戦で使用した構築を紹介したいと思います。
この構築はアキ(@Akipokepke)さんのブログを参考にしたものとなっております。
さてこの構築の意図としてはいかに行動保証を増やしつつ対面有利を取って隙があればルカリオリザードンで全抜きを狙っていくものとなっています。
それでは個別の方を紹介していきたいと思います。

1、ルカリオ@ルカリオナイト
f:id:o9o61982775754:20170717143830p:image
正義の心→適応力
無邪気 A4 C252 S252
インファイト、ラスターカノン
しんくうは、めざめるパワー(電気)

相棒&地雷枠です。この構築はギャラドスが重いためそこを処理するためのめざ電です。基本的にこの技は読まれないのでメガなどもしないで竜舞を積んでくるため「めざ電+しんくうは」で落としていきます。あとは元記事ではインファの枠が気合玉でしたが個人的に気合玉は当たる気がしないので命中安定+高火力を出すことができるインファイトにしました。

オフでの選出率 5位

2、リザードン@リザードナイトY
f:id:o9o61982775754:20170717154457p:image
もうか→ひでり
臆病 B4 C252 S252
だいもんじソーラービーム
めざめるパワー(氷)、ニトロチャージ

ルカリオにつぐ頼れる相棒枠。襷やミリでHPが残ったポケモンに対してニトチャを積むことで全抜きを狙うことができる。その際わざとメガをしないで相手にXかYかの択を押し付けるなどといったこともやりました。残りの技構成として連続で打ててある程度の火力がでるだいもんじ、水や岩に刺さるソラビ、マンダやカブに打点が持てるめざ氷となっています。体感マンダ+カバ+鋼枠が多かったのでかなり刺さったポケモンではありました。ですがマンダがHやDに回していると落ちないことがありますが裏の先制技圏内には入れることができたのでかなり仕事をしてくれましたね。ですが決勝で2戦ともだいもんじを当たれば勝てた試合なのに外したため最後の最後で信用できなくなりました。

オフでの選出率 2位

3、カバルドン@ゴツゴツメット
f:id:o9o61982775754:20170717143912p:image
砂起こし
腕白 H252 A4 B252
じしん、こおりのキバ
あくび、なまける

安心と信頼の物理受け。主にメガリザXや竜舞マンダなどに後出しをしてあくびで一回流しすことが役割です。技構成としてはメインのじしん、マンダやカブに打点が持てるこおりのキバ、起点回避のあくび、高速回復技としてなまけるといった感じになっています。今のマンダは身代わりを持っていることが多いためこおりのキバがないとすぐに起点にされちゃうので個人的にはこの技は外せないと思っています。あとはこっちがあくびするタイミングで身代わりを貼られるのが最悪なのでHPが半分いかになったときにあくびを選ぶと通ることが多いです。しかしそれを読まれて身代わりを貼られても相手はHPが残りわずかなためゴツメと砂で倒れてしまうと相手は考えるので羽休めを押すことがあるのでまだリカバリーはきく状態になります。ちなみに羽休めした状態でのこおりのキバでは身代わりは崩せないのでそこは読んでじしんを選びましょう。

オフでの選出率 4位

4、ミミッキュ@フェアリーZ
f:id:o9o61982775754:20170717143930p:image
ばけのかわ
意地っ張り H4 A252 S252
じゃれつく、シャドークロー
かげうち、つるぎのまい

対面の鬼ミミッキュ。言わずと知れた剣舞Z型です。技構成等もテンプレでフェアリー一致技のじゃれつく、ゴースト一致技のシャドクロ、先制技のかげうち、積み技の剣舞となっています。このポケモンはとりあえず出しておけばなんらかの仕事はしてくれるのでかなり雑に扱っても普通に強かったです。この構築自体が水の一貫があるのと初手カバからのステロ展開とかにも見えるので水タイプ(主にレヒレやアシレ)などが出てくることが多いです。それに合わせてミミッキュを出すことで剣舞を積みZで相手一体を確実に持っていくことで2対3と有利にゲームを進めることができるようになります。あとは相手の積みポケへのストッパーとかにもなるので初手に出して荒らすのもいいし、裏でフィニッシャーとして使っても強かったです。Zに関してはゴーストZでもいいと思う人もいますが個人的に打点のたかいフェアリーZの方が相手への圧力がかなり違います。あとは鋼タイプをわざと誘ってリザードンの起点にするなどといったことも目的の一つとなっています。
オフでの選出率 1位

5、ガブリアス@ドラゴンZ
f:id:o9o61982775754:20170717143946j:image
さめはだ
陽気 A252 B4 S252
げきりん、じしん
ほのおのキバ、つるぎのまい

受け構築を崩す枠。構築的にドヒドイデ入りの受けサイクルや受けループなどが辛かったので採用しました。技構成はメインウェポンのげきりんとじしん、カグヤやムドーに打点が持てるほのおのキバ、積み技の剣舞となっています。持ち物のドラゴンZはげきりんで拘りたくないのとブルドヒでフィールドを貼った状態でのドヒドイデを剣舞ドラゴンZで一撃で倒すためです。選出自体は少なかったものの出したときには期待以上の役割をしてくれたためこいつ一体で相手のパーティを半壊させることもできました。あとは選出段階でリザードンを出させなくするためコマとしてかなり相手の選出を誘導することなどもできました。

オフでの選出率 6位

6、ギルガルド@きあいのタスキ
f:id:o9o61982775754:20170717143959j:image
バトルスイッチ
おっとり A4 C252 S252
シャドーボールいわなだれ
かげうち、めざめるパワー(氷)

今回1番の変態枠。このポケモンにタスキを持たせるなんて意味あるのかと思う人も多いと思いますがこれが意外と刺さるのです。最近のギルガルドはZを持っていることが多いため身代わりや守るなどですかしてくる人が多いです。そのあともキンシをはるか技を選ぶかの択になってしまうことが多いです。そんななかタスキを持つことでそんな択をおこなわずとも安定して技をくりだすことができるのです。そのおかげで相手は勝手に深読みをしてくれてこっちのギルガルドが無償で相手一体を倒すといったこともありました。技構成としてはメインウェポンのシャドボ、リザYやガモスに打点が持てるいわなだれ、マンダやガブ、ランドへの打点としてめざ氷、先制技のかげうちとなっています。こいつもミミッキュ同様に先発に出して場を荒らすのもいいし、裏においてストッパーとしての役割を持たすのもいいと思います。しかし、こいつを裏におく場合はステロをまかれないようにすることが一番大事です。タスキが潰れた瞬間に役割が薄くなってしまうのでガブやランドのステロ展開が見えたときにはなるべく初手にカバやラグなどのステロあくび展開の場合は選出を避けるをオススメします。

オフでの選出率 3位

選出の仕方
基本選出
ミミッキュ+ギルガルド+メガ枠
受けループ
ギルガルド+ガブリアス+ルカリオ
マンダ入りのステロ展開構築
ミミッキュ+リザードン+カバルドン

まとめ
今回この構築を使っているうえで思ったことは比較的安定行動をして勝てることが多かったです。たとえ、ミスをしてもミミッキュの皮やガルドのタスキなどを利用することでリカバリーがきいたのでかなり使いやすかったです。あとはマンダ入りの構築に隙を見せないようにいろんなところに氷技を仕込んでいたので構築的にもかなり刺さっていたと思います。個人的にギャラドスが少なかったこともあり、ルカリオの選出があまりできなかったのが少し心残りではあります。

大会の感想
最後に今回の真皇杯についてのお話しをしてこの記事を終わりにしたいと思います。最初は本戦に出場できるだけでとても興奮していました。実際当日会場入りしたときも選手よりかは観光客気分で周りを写メしてました。そんななか予選が始まると周りの人たちは完全に戦闘モードに入っておりとても緊迫した雰囲気でした。自分も周りに負けないように全力で挑みました。そんな予選はかなり危ない試合も多かったですがなんとか2位で抜けることができました。そのあとダブルイリミネーション方式のトーナメントが始まりました。自分としては本当に一戦一戦大変な試合が多くなんども負けるかと思いました。ですが無事ファイナルまで無敗で残ることができたので2回のうち1回勝てばいいといったとても有利に進めることができました。それでも1戦目は相手のプレイングもうまかった上にこちらの運もそこまで良くなかったため落としてしまいました。そんなこともあり本当に最終戦を迎えることになりました。晴れ対雨といった熾烈な天候合戦のうえ無事勝利を掴むことができました。終わったときにはもう疲れきっており、優勝したといった実感があまり湧きませんでした。それでも表彰台に立ってトロフィーをもらったときのあの嬉しさは一生忘れません。
↓そのときのトロフィーです
f:id:o9o61982775754:20170717144022j:image
ここまでポケモンをやってきて本当に良かったと思える一瞬でした。ですがこの結果を自分一人で手に入れることは決してできなかったでしょう。構築を参考にさせてくれたアキさんや今まで自分と絡んでくれた人、応援をしてくれた人たち、そして対戦してくれた多くの人たちがいたからこそ自分は優勝できたと思っています。この場をもちましてお礼を言わせていただきます。本当にありがとうございました。

初めてのブログということもあり、長々とお付き合いしていただき本当にありがとうございました。また機会があったら書きたいと思っているのでよかったら見てくれると嬉しいです。

 

今回の使用構築のQRを載せておきます

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-7B71-448F#step

何か問題点や質問などがありましたらTwitter(@Michael_pokemo)までお願いします。