マスタータワーの継承者マイケル

ルカリオでごり押し

【WCSレートs12最終1884 30位&INC1800達成構築】雨過天晴オーガネクロ式トリル展開構築

f:id:o9o61982775754:20181203084908p:image

初めましての方は初めましてマイケルと言います。

今回はWCSレートの構築記事となります。

私自身ダブルを本格的にやるのは6世代のgs以来なのでかなり構築の穴やプレイングも雑だったかと思いますがそれでもここまでの結果を出すことができたので今回記事にしようと思いました。

構築の意図としてはまずこのルールで最強レベルと言われるオーガを使いたいということから始まりました。しかし、最強ということもありかなりメタがされやすく、特にルンパッパがきついと思いました。そこでトリル下で殴れば耐久にも回せつつ高火力を押し付けることができるのでトリル軸にしました。その相方として自分自身も火力がありトリルを覚える黄昏ネクロズマに目をつけました。そしてトリルだけのs操作では不安もあり、追い風展開しつつオーガの苦手な草タイプに強いトルネを採用。そしてこのルールほぼどの構築にも入るガオガエンを入れます。あとは猫騙しでのトリル稼ぎをさせない+黄昏ネクロズマの火力UPも兼ねてカプ・テテフを採用。最後に最後にネクロズマが威嚇入るとお着物になりやすいのでそれを抑制できてトリル下のエースになれるラランテスを採用しました

それでは早速単体考察の方に移りたいと思います

 

1、カイオーガ@しんぴの雫

f:id:o9o61982775754:20181203090301j:image

控えめ H252 C252 D4

しおふき、ねっとう

かみなり、まもる

 

この構築のエース。ほんとに強くて潮吹き打ってるだけで勝てる試合もありました。技構成はかなりテンプレで根元の波動を入れてない理由はワイガ持ちがいた場合止まってしまうのと安定しないので入れませんでした。メガネでさらに圧力をかけていくのも良いと思いましたが拘ってしまうと動かしにくいのと雫でも潮吹きはかなりの火力が出るのでこの形になりました。

かなり使いやすかったです。ですが、少し調整が雑だったかもしれないのでせめてhdを臆病ゼルネのc↑2のムンフォくらいは耐える調整にすればよかったかなとは思いました。

 

2、ネクロズマ(黄昏の鬣)@サイコシード

f:id:o9o61982775754:20181203111518p:image

勇敢s0 H252 A228 D28

メテオドライブフォトンゲイザー

トリックルーム、シャドークローorかわらわり

 

トリル要因兼アタッカー。こいつは自分がトリルをはれて高火力で殴ることができるためかなり自身で完結しており使いやすかったです。このルールはどうしてもはたき落とすが強かなってしまうので弱点突かれてしまうエスパーやゴーストはかなりの致命傷を受けてしまいます。そこでフィールド張ったときに発動するシードであれば持ち物を使うことができるのではたきの火力を下げることができ確定数が変わります。それに加えてd1↑するとスカーフオーガの潮吹きでも半分くらいのダメージで抑えることができるのでかなり安定してトリルをはれました。hdのラインとしては控えめcぶっぱシャドーレイが最高乱数以外2耐えできるように振って残りをaに回しました。

技構成として上3つまではほぼ確定として@1はかなり自由に組み替えられます。シャドクロはファントムガードをはがせればルナアーラを1発で持っていけます。はたきでない理由は最近ナモ持ちが増えてはたきの威力を下げて落とさなくなってしまうため入れませんでした。瓦割りはガエン、ディアルガナットレイカミツルギとオーガと合わせて見にくい相手に打点がもてるため、腐りにくくなります。ここら辺は好みでレートでは瓦割りを使ってましたがINCはさらにルナアーラが増えると予想したのでシャドクロを入れました。結果としてはルナアーラ入りがそこそこいたので変えたのは正解だったと思われます。

 

3、トルネロス@マゴのみ

f:id:o9o61982775754:20181203113855j:image

穏やか H244 D236 S28

ぼうふう、おいかぜ

ちょうはつ、あまごい

 

追い風要因。トリルだけではs操作として少し弱いと感じたので追い風ができつつ草に弱点がつけるトルネロスを採用しました。こいつがいることでグラバナにかなりの確率で勝てることができるのでネクロズマが弱点突かれてトリルがはれなさそうなときは積極的に出しました。

調整はhdを控えめオーガの雨下ダブルダメ潮吹き耐えまで降ってちょうどピンチベリーが発動。sを最速70属抜き(主にルンパッパ意識)まで降りました。csで襷を持たせる型もありますが今回襷は別のやつが持っているのと襷にすると守るを入れないとすぐ腐ってしまいますが入れるスペースもなかったので今回は耐久に振って場持ちを良くしました。

技構成もこれで完結してると思われます。グラードン入りには雨乞い連打してればいつかグラードンが出てきて倒れていくのでオーガと並べたら基本的に負けないです。かなり器用で小回りがきいて害悪系統にも強かったので安定して勝てた印象はありました。

 

4、ガオガエン@とつげきチョッキ

f:id:o9o61982775754:20181203115541p:image

意地っ張り H236 A116 B4 D124 S28

フレアドライブ、はたきおとす

ねこだまし、とんぼがえり

 

最強。ほんとにこのポケモンを入れない理由を問いたいほど強いです。威嚇持ちで猫、蜻蛉ができつつ炎悪という体制をもちタイプ一致ではたきを当てる。弱いところが見つかりません。ダブルやってる人ならこいつの強さはわかりきってると思うので割愛します

調整はa11n、s追い風下100属抜き+最遅90属-1

 

5、カプ・テテフ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20181203122528j:image

臆病 B4 C252 S252

サイコショックムーンフォース

ちょうはつ、サイドチェンジ

 

トリルサポート役。こいつは主にネクロズマと一緒に出してトリルのアシストをします。まず流行りのトルネロスにはフィールドをはることで挑発を防げてそれ以外の挑発や吠える持ちにはサイチェンでごまかしていました。挑発はトルネロスを自分が選出した際、フィールドによってこちらの挑発が打てないと油断したところにテテフで挑発することにより相手の行動を制限させます。そしてメインウェポンであるショックとムンフォを入れました

調整もcsぶっぱとなっています。最速なのはオーガのs判別をしたかったからです。上を取られていればスカーフ確定なのでネクロズマが潮吹きを耐えて、遅ければショックで削れば潮吹きのダメージを下げることができてかなりの確率でトリルがはれます。あとは遅いゼルネとかに上から挑発でジオコンを封じられるのもかなりでかいです。ここらへんのsラインはかなり際どいのでs判定できるのは本当に偉いです。

 

6、ラランテス@バンジのみ

f:id:o9o61982775754:20181203124113j:image

勇敢s0 H252 A252 D4

リーフブレード、ばかぢから

はたきおとす、まもる

 

トリルアタッカー2。こいつは天邪鬼により威嚇が効かず馬鹿力で自身の火力を上げることができて優秀です。特にネクロズマの火力を下げるために威嚇持ちがよく出てくるのでネクロズマと並べたら相手は威嚇を入れないとネクロズマの火力で押し切られてしまうが威嚇を入れてしまうのラランテスのaが上がってしまうという厄介なことになるのです。あとはこいつの偉いところがa↑1馬鹿力でhぶっぱガオガエンが確1で持っていけます。この環境でガオガエンを一発で持っていけるのはとても強いです。胞子も効かないので攻撃することはできますがバレルには結局弱点を突かれてしまうので辛いことには変わりないです

調整もhaぶっぱで技構成もかなりテンプレのものとなっています。あと技の候補としてあげられるのがゼルネの弱点をつける毒づきと晴れ下ならば1ターンで打ててh振りグラードンをいい乱数で持っていけるソーラーブレードとかになると思います。

 

s12で使用していた個体

ルンパッパ@いのちのたま

f:id:o9o61982775754:20181203130006j:image

控えめ H4 C252 S252

ねっとう、くさむすび

れいとうビームねこだまし

 

もとはオーガを厚く見るために入れました。しかし、トリルとの相性も良くないし流行りのトルネロス入りのオーガに勝てないと判断したので構築から外れました。

しかし、ルンパッパを入れたオーガネクロをINCでは何回か見たので弱くはないと思います。

 

選出

基本選出

テテフ ネクロ+オーガorガエンorラランテス

 

グラードン入りやトリルが刺さらない構築

トルネ テテフ+オーガ ガエンorネクロ

 

まとめ

構築としてはかなり綺麗にできたと思います。トリルをはればどれもパワーがあるので相手は守りの姿勢に入ってしまいかなり窮屈な立ち回りを要求させることができるので読みもそこまで深くなくても勝つことができました。ただ、どうしてもトリル依存になってしまうためはれなかったら即負けみたいな対戦もありました。そしてなによりもバレルがきつかったのでそこに対する対策を用意しておくべきかなとは思いました。

参考程度にs12での最高レートの画像とPGLの順位を貼っておきます

f:id:o9o61982775754:20181203153627j:image

f:id:o9o61982775754:20181203152835j:image

 

追記

INCの結果が出ました

最終レート1806

順位 日本122位 世界146位

f:id:o9o61982775754:20181214171314j:image

 

感想

今回久しぶりにダブルをやってみましたけどとても楽しかったです。特にメガとZがない環境ということもありどの禁伝も活躍可能でどれもワンチャンあると思いました。そのうえ不意のZでの崩しとかもない為本当にプレイヤーの力が試されるルールだと実感しました。正直サンルールはいろんな可能性が秘めているのでもうすこしやってみたい気持ちはあります。

INCの手応えとしては18乗ったもののそれ以上の人たちが多くいるようなので正直抜けるのは厳しいと思われます。それでも目標としていた18を超えられたので悔いは残らないと思っています。正直ここまで来るのに自分1人の力では到底無理でした。個体を提供してくれた人、構築相談や精神面での相談に乗ってくれた人、そしてここまで応援してくれた人本当にありがとうございました。

今回のINCが終わったのでサンルールはもうやらないと思いますが次のムーンルールもちゃんとやっていく予定ではあります。まだ結果がどうなってるかわからないですがムーンでこそはINCを抜けることを次なる目標として頑張っていきたいと思います。

 

 

最後になにか質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo)までお願いします

 

 

【s11 最高&最終2005】続王道ルカリザスタン

f:id:o9o61982775754:20180904125033p:image

どうもマイケルです。

今回はs11で使っていた構築記事となります。

といいましたが前期と全く同じなので前期の記事を参考にしてもらえると嬉しいです

http://michael-poke.hatenadiary.com/entry/2018/07/10/155003

 

使い慣れていたということもあり使用感的には悪くなかったですがあまりにも型バレがひどいのでそろそろ構築を変えたいと思いました。

f:id:o9o61982775754:20180904135708j:image

一応20乗ったときの画像を貼っておきます

 

〈おまけ〉

f:id:o9o61982775754:20180904162424p:image

さすがにこれだけでは寂しいのでカンポケやレートの途中まで使ってた構築の紹介をしていきます。

それでは単体の紹介をしていきたいと思います。

 

1、ルカリオ@メガ石

f:id:o9o61982775754:20180904131408p:image

臆病 csぶっぱ 精神力→適応力

きあいだま、ラスターカノン

しんくうは、わるだくみ

 

いつもの特殊ルカリオですね。こいつは特に言うことはないですね。悪巧み積めば大抵のポケモンの相手できますね。あとは気合玉を当ててくれれば最強ポケモンなんですけどね。

 

2、リザードン@メガ石x

f:id:o9o61982775754:20180904132025p:image

もうか→かたいつめ

意地っ張り h12、a204、b4、d60、s228

フレアドライブげきりん

ニトロチャージつるぎのまい

調整の意図

控えめc特化テテフのフィールド込みサイキネ乱数上3つ切り耐え

図太いhb特化ドヒドイデ剣舞逆鱗で乱数乱数下3つ切りで倒せる

s準速ミミッキュ抜き

 

剣舞ニトチャ型のリザxです。この調整はエルバさんのを参考にしたものとなります。久しぶりにリザxを使いましたけど動かしやすかったです。この構築自体がyに見えやすいということもありxでニトチャ積んだあと3タテということも少なくなかったです。見た目はかなり好きなのでもっと使っていきたいとは思っていますね。

 

3、ミミッキュ@ミミッキュz

f:id:o9o61982775754:20180904132833j:image

意地っ張り hab振り ばけのかわ

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

 

abミミッキュです。こいつも特にいうことはなく安定して強いです。一度こいつを外してパーティを組んでみたのですがいろいろと重いポケモンが発生してしまい、こいつの強さを実感しました。たぶん今後も自分のパーティから抜けることはないでしょう。

 

4、カバルドン@バンジのみ

f:id:o9o61982775754:20180904133315p:image

腕白 hbd振り すなおこし

じしん、ステルスロック

あくび、ふきとばし

 

こいつも最近よく使っている腕白の起点作りカバです。起点作りとしてもクッションとしても使いやすくほんと優秀なポケモンです。ステロさえまければ最低限の仕事はしてくれるので便利ですね。

 

5、ボルトロス@デンキz

f:id:o9o61982775754:20180904133731j:image

ちくでん

控えめ H228、B52、C172、D4、S52

 10万ボルト、めざめるパワー氷

わるだくみ、こうそくいどう

 

もう見飽きたというくらいに強い高速移動レボルトです。毎度のことながら全抜きも狙いつつ崩しもできるという最強ポケモンです。正直このポケモンは型バレしていても強いのでこれ以上に強いレボルトが出ない限りは一生使い続けますね。

 

6、ゲッコウガ@きあいのたすき

f:id:o9o61982775754:20180904134121j:image

へんげんじざい 臆病cs

れいとうビームあくのはどう

ダストシュート、みずしゅりけん

 

ゲッコウガです。こいつも言わずとも強くてかなりの高スペックを持ったポケモンです。レヒレがそこそこ重かったのでダストを入れて多少は誤魔化していましたが当てないと話にならないのでかなり運が左右することも多かったです。それでも型の豊富さのおかげで相手が深読みしてくれたりして拾えた対戦も多かったのでこいつはほんとずるいですよね。

 

まとめ

かなり強かったですが気合玉やダストといった命中不安がそこそこあったのでそれが試合を決めてしまうことも多かったので安定してるとは言えなかったですね。あとはこの構築自体ゲッコウガの処理手段が少なかったのでそこも見直したい点でした。構築自体のパワーはあるのでいろいろと改良をして使っていきたいなとは思いました。

ちなみにカンポケでは予選7-0でベスト8落ちという結果でした。予選全勝できて嬉しかったですけどやはりあと1勝してスクリーンに映りたかった気持ちは高かったですね。レートは最高1998で20チャレを4〜5くらいやりましたがそれでも乗せられなかったのでとても悔しかったです。

 

上の構築もかなり強いんですけどそろそろ型を変えていかないといけないと思っているので来季は少しずつ変えて回していきたいなとは思っています。(かなり難しいと思いますが全力は尽くしいきたいです。)

 

最後になにか質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo )までお願いします。

 

 

 

【s10 2000達成&真皇杯東北予選準優勝構築&真皇杯本戦4位】王道ルカリザスタン

f:id:o9o61982775754:20180710073906p:image

どうもマイケルです。今回はs10と真皇杯東北予選で使っていた構築記事になります。

(追加 真皇杯本戦全国4位です)

s8で使っていた構築の改良版となっています。中身はかなり変わっており今の環境に適したものになっていると思います。

それでは単体考察のほうにいきたいと思います。

 

1、ルカリオ@メガ石

f:id:o9o61982775754:20180710074314p:image

正義の心→適応力

陽気 A252 D4 S252

インファイト、コメットパンチ

バレットパンチ、みがわり

 

いつものとは異なり今回は物理型を採用しました。理由として前期特殊ルカリオがそこそこ結果を出したことにより特殊読みされるようになったことと穏やかドヒドイデが増えたため受け構築を崩すことができなくなったので比較的安定して相手に負担がかけられる物理型にしました。技構成も適応力対応のものに加え択を先延ばしにしたりzをスカすための身代わりとなっています。

久しぶりに物理型を使いましたがそこそこやっていけました。なによりも命中が特殊型より安定していたため技外しによる負けは少なくなりました。しかし、特殊型に比べて突破力にはかけていたので一概に物理が強いというわけでもないので環境に合わせて使い分けるのをオススメします。(p.s 東北予選の決勝で外したから本戦では頑張って欲しい)

 

2、リザードン@メガ石y

f:id:o9o61982775754:20180710080617p:image

もうか→ひでり

臆病 C252 D4 S252

オーバーヒート、エアスラッシュ

めざめるパワー氷、ニトロチャージ

 

いつも使ってるニトチャリザyですが技構成がかなり変わっています。文字耐えのカバやサイクル下で負担をかけるためのオバヒ、バシャやリザに打ち勝ちつつ怯みワンチャンを狙えるエアスラにしました。相手に合わせてサイクルをしたりニトチャで全抜きしたりとかなり柔軟には戦えていましたがオバヒを採用してるぶんニトチャでの突破力が少し落ちてしまいました。ですがそれ以上に1撃で落とすことのほうが大事なのでこの型はかなり強いと思っています。今回初の試みでソラビを切りましたがそこまで弊害はありませんでした。あるとすればゲッコウガをワンパンする技がないくらいですがそれ以外はこっちのほうが強いです。今まではミミッキュ対面確実に勝てませんでしたがエアスラの採用で3割の確率で突破できるようになったので勝ち筋を狙うのにはかなり強い技です。ただし、怯みに頼ってばかりでは勝てるものも勝てないのでほんと最後のワンチャンくらいの気持ちで使っています。

いつも通りオフやレートでも活躍してくれたのでやはりこのポケモンのスペックはかなり信用していますね。

 

3、ミミッキュ@ゴーストz

f:id:o9o61982775754:20180710084233j:image

ばけのかわ

意地っ張り H4 A252 S252

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

 

今回はゴーストzでかなり攻撃的なミミッキュとなっています。今回の構築がかなりリザに弱めなのでxyどちらも見ることができるゴーストzにしました。またガッサの上からじゃれを打ちたかったのでsも準速まで伸ばしました。あとはミミッキュミラーで勝てるのも大きいところだとは思っています。ですが、個人的にはマンダやバシャ、ギャラも重かったのでABにしたい気持ちもありました。それは環境とパーティーに合わせて今後は変えていこうかと思います。

 

4、カバルドン@バンジのみ

f:id:o9o61982775754:20180710085154p:image

すなおこし

わんぱく H228、B132、D148

じしん、あくび

ステルスロック、ふきとばし

 

s8から愛用している半回復実カバルドンです。ステロをまくことでルカリオやリザの全抜きをサポートしつつミミッキュやガルドへの引き先としてかなり優秀なポケモンです。こいつに関しては特に言うことがないので使用感などは前の記事などを参考にしてください

 

5、ボルトロス@デンキz

f:id:o9o61982775754:20180710085742j:image

ちくでん

控えめ H228、B52、C172、D4、S52

10万ボルト、めざめるパワー氷

わるだくみ、こうそくいどう

 

いつものレボルトです。こいつも特に言うことがなく崩しと全抜きができる柔軟なポケモンです。とても強いです。

 

6、キノガッサ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20180710090456p:image

テクニシャン

意地っ張り A204 B52 S252

タネマシンガン、マッハパンチ

つるぎのまい、きのこのほうし

 

襷で行動保証を確保しつつ剣舞で数値の高いポケモンを強引に突破していきます。相手のガッサが重かったためBに少し振って陽気ガッサのマッパ最高乱数以外2耐えの調整となっています。先ほども言ったように穏やかドヒドイデが多かったためルカリオで崩せない代わりにこいつが崩し要員として活躍してくれました。また、相手はこいつに隙を見せるわけにいかないので選出誘導としてもかなり活躍してくれていたと思っています。しかし、がんぷうを切ったことにより技範囲が狭くなり、マンダ、リザ、ウルガと言ったやつらに全く打点がなかったのでここも環境とパーティーに合わせて変えることをオススメします。

 

まとめ

ルカリオ構築にしてはかなり完成度の高いものになったと思います。特に後半は受けサイクルやゴーリ入りといった構築が多くそれらにはめっぽう強かったのが良かったです。また、今までのルカリオ構築に比べるとかなり命中不安が少なくなり、怯みや眠りターンといったこちらがアドを稼げる要素が増えたため全ての試合でワンチャンをつかむことが可能になったと思われます。ですがそういった運を頼るのでなく、出来るだけ自分のプレイングでカバーをして最終的に運に頼るといったスタンスを目指していきたいなと思っています。

また2000乗った時の画像を貼っておきますので参考程度に見てください

f:id:o9o61982775754:20180710155857j:image

 

ひとこと

ここからは余談ですがタイトルにもある通り第4回真皇杯東北予選準優勝ということで今年も本戦に進めることができました。ツイッター等では報告しましたがこの場をもちまして改めて言わせてもらいます。

ここからが本題で疑問に思う人もいるかもしれませんがそんな大事な時期に構築記事をあげていいのかと言うことです。これに関しては真皇杯のブログのほうにポケモンの並びだけでなく技構成、実数値まで載っているので今回ブログにあげても問題ないと思いあげました。また、さすがにここまで型バレしていては本戦では同じ構築を使う気になれないので当日は別の構築でいきます。たとえ同じ並びになったとしても型は一新します。そのため本戦出る人たちはこのブログを見て型読みをしてくるかもしれません。こちらとしては別に構いませんが絶対そんなことは考慮しますので事前段階や当日の立ち回りで一点読みできるものならぜひしてきてください。自分はそれでも勝ちます。前真皇としてのプライドと誇りにかけて今年も真皇座を手に入れます。ですので本戦出場する人たちは当日どうぞよろしくお願いします。

(追記)

本戦ではパーティーを変えようとしましたがあまりいい構築ができなかったので結局この構築をもっていくことに決めました。(実はわざとブログ出すことで同じ型は使わないだろうという心理戦を密かに実施していました)最初は同じので大丈夫かと思いましたが結果としては良かったです。本戦は5-2でメレメレブロック1位抜けで決勝リーグは真皇になったむくれねこさんに負けて全国4位という結果に終わりました。

自分としてはやはり優勝したいという気持ちが高かったのでとても悔しいです。ですが2年連続出場できてかつ4位といい結果を出せたので全然悪くないとは思っています。

そしてここまで応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。一人一人の応援があったからこそ自分はここまで来れたと思います。それでも真皇になれなかったという悔しさには変わらないのでここで満足せず第5回があるとすればそこで真皇を奪還できるよう精進していきたいと思います。

最後に本戦で出場した選手たち、真皇杯の運営のみなさん、そしてこれまで予選に参加したみなさん本当にお疲れ様でした。

 

なにか質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo )までお願いします。

 

【s9 レート2000達成構築】超攻撃的ルカリザスタン

f:id:o9o61982775754:20180507080012p:image

どうもマイケルです。

今回はs9 でレート2000達成したときの構築記事になります。

いつもならシーズンが終わってから構築記事を書いているのですがこの構築は欠陥が見つかってしまったためおそらく今後使う予定がないと思うので早めに投稿しようと思いました。欠陥ということもあるのでいつもより簡単な説明になると思いますのでよろしくお願いします。

 

1、ルカリオ@メガ石

f:id:o9o61982775754:20180507074910p:image

臆病 csぶっぱ 精神力→適応力

きあいだま、ラスターカノン

しんくうは、わるだくみ

 

いつもの特殊ルカリオです。悪巧みを積んで気合玉を当てれば受けサイクルを強引に突破することができるので当てればほんと強いポケモンです。

 

2、リザードン@メガ石y

f:id:o9o61982775754:20180507080224p:image

臆病 csぶっぱ もうか→ひでり

だいもんじソーラービーム

めざめるパワー氷、ニトロチャージ

 

いつものニトチャリザyです。高火力を押し付けることで相手のサイクル回数を制限させつつニトロチャージを積んで全抜きすることもできるとても器用なポケモンです。

 

ミミッキュ@ミミッキュz

f:id:o9o61982775754:20180507080621j:image

意地っ張り hab振り ばけのかわ

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

 

いつものabミミッキュです。こいつの強さは言わずとしてもわかる通り化けの皮により攻撃を一回透かしつつ相手のエースを止めたり重いポケモンを無理矢理積んで突破することができるなどいろいろできて便利なポケモンです。

 

4、カバルドン@バンジのみ

f:id:o9o61982775754:20180507081223p:image

腕白 hbd振り すなおこし

じしん、ステルスロック

あくび、ふきとばし

 

起点作り&クッション要員です。基本的な動きはステロを巻いて欠伸をして裏のエースの圏内に入れていきます。また1〜2回は後出しが可能なので受け出しをして相手のポケモンを一回流してから再度展開していくといった動きもとれます。

 

5、ゲッコウガ@ミズz

f:id:o9o61982775754:20180507081855j:image

臆病 csぶっぱ 激流

ハイドロカノンれいとうビーム

みずしゅりけん、みがわり

 

激流ミズzゲッコウガです。基本的にカバやランドといったステロを巻いてくるやつに合わせハイドロカノンzを打ちステロを巻く隙を与えないようにします。また身代わりを張って激流圏内まで持ち込み相手に超火力のzを与え突破していく動きもできます。ポリ2を突破が可能な熱湯やガルドへの安定打点である悪波なども候補にありますが今回はマンダに隙を見せたくなかったので冷bを採用しています。

 

6、フェローチェ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20180507082656j:image

やんちゃ asぶっぱ ビーストブースト

とびひざげりれいとうビーム

ドリルライナー、どくづき

 

襷枠です。初めて使ってみましたがそこまで悪くはなかったです。コケコやゲッコウガの上から攻撃ができるうえに技範囲も広いのでかなりの多くのポケモンを見ることができましたが少し火力不足なのが見えました。ビーストブーストが発動してしまえばそのまま3タテ可能でしたがミミッキュギルガルドといったポケモンで止められてしまうのが難しいところです。

 

基本選出

カバorフェロ+メガ+z

 

まとめ

ルカリザの課題の1つであるゲッコウガ、コケコをスカーフ枠なしで見るにはどうすればいいかと考えていたところ思いついたのがフェローチェというポケモンでした。そこで今回は使ってみたところゲッコウガとコケコを抑制できましたしコケコはワンパンできないんですけど最悪先制技圏内に入ってくれるので悪くなかったです。またフェローチェを上から殴ろうと相手のスカーフ枠が出てきやすかったですが襷があるおかげでそれもうまくケアしつつ持ち物も特定できました。しかし、そのぶんルカリオが苦手なガルド、ミミッキュを引き寄せてしまうためルカリオを出すタイミングが少なくなりました。そしてとびひざを採用してることもあり相手の裏にゴーストがあるだけでかなり難しい択が発生するので安定性にはかけるかなと思いました。

そしてこの構築の最大の欠点が半回復実ガモスが受からないということが気づいてしまったため解散することになりました。一様改善案としてはゲッコウガの持ち物をスカーフにすればなんとかなりますがそうなるとガルドとミミッキュがさらにきつくなる上にフェローチェと若干範囲も被ってしまうため少し採用しにくいというのが使っていて思ったところです。

 

こんな簡単な紹介でしたがここまで見てくださってありがとうございました。また今期もあと少しです。自分の方はもう一つ回している構築があるので今期は最後までその構築で潜ろうと思っています。今期こそは目標としている2100に乗せられるように頑張っていきたいと思います。

参考として2000に乗った時の画像も張っておきます。

f:id:o9o61982775754:20180507111739j:image

 

なにか質問等がありましたらTwitter(@Michael_pokemo)までお願いします

 

 

【s8 最高&最終レート2013】火力重視ルカリザスタン

f:id:o9o61982775754:20180313140848p:image

 

どうもマイケルです。

今回はs8で使用した構築となります。コンセプトとして対面性能の高いやつを入れつつ隙をみて積むことで全抜きを狙っていくといったかなり攻撃的なパーティーとなっております。

それでは個別の解説を行なっていきます

 

1、ルカリオ@メガ石

f:id:o9o61982775754:20180313150944p:image

精神力→適応力

臆病 b4 c252 s252

きあいだま、ラスターカノン

しんくうは、わるだくみ

いつもの特殊ルカリオです。今期はかなり受け気味のサイクル構築が多かったのでかなり動きやすかったですね。気合玉を当てれば最強ポケモンなので当てる自信がある人はぜひ使ってみてください。

 

2、リザードン@メガ石y

f:id:o9o61982775754:20180313151203p:image

もうか→ひでり

臆病 C252 D4 S252

だいもんじソーラービーム

めざめるパワー氷、ニトロチャージ

いつものニトチャリザyです。襷持ちにニトチャを打って全抜きを狙っていくことも可能です。前期流行ったカバマンダガルドに比較的強いポケモンではあると個人的には思っています。しかし、今期は補正無しcぶっぱ大文字耐えのカバやテテフが多かったので少し工夫を入れるべきだと思いましたね。

 

3、ミミッキュ@ミミッキュz

f:id:o9o61982775754:20180313151230j:image

ばけのかわ

意地っ張り H164 A140 B196 D4 S4

じゃれつく、シャドークロー

かげうち、つるぎのまい

いつものABミミッキュです。こいつも特に言うことはありません。積んだ相手を止められるうえに積んで崩しもできるのでやはりこのポケモンは最強ですね。

 

4、カバルドン@バンジのみ

f:id:o9o61982775754:20180313151343p:image

すなおこし

わんぱく H228、B132、D148

じしん、あくび

ステルスロック、ふきとばし

前期流行っていた腕白半分回復木の実型になっています。配分はほぼパクリなので調整は他の記事を参考してください。初めて使ってみましたがかなり使いやすかったです。物理、特殊の両方を見ることができるため安定してステロ+あくびを展開できます。特に回復木の実が発動すればHP半分以上は残るので2回目の展開なども可能ですね。本当に強かったので今後も使っていきたいと思いましたね。

 

5、ボルトロス@デンキz

f:id:o9o61982775754:20180313151435j:image

ちくでん

控えめ H228、B52、C172、D4、S52

10万ボルト、めざめるパワー氷

わるだくみ、こうそくいどう

s6に使っていた高速移動レボルトです。抜き性能+崩しもできるので受けサイクルにもかなり有利に立ち回れました。また、耐久にもかなり降っているためzを使って対面から打ち勝つという行動もできたため強いですね。やはりこいつの火力はおかしいですね。

 

6、キノガッサ@きあいのタスキ

f:id:o9o61982775754:20180313151531p:image

テクニシャン

陽気 A252 B4 S252

タネマシンガン、マッハパンチ

がんせきふうじ、きのこのほうし

言わずとしてた襷キノガッサです。このパーティーで重いゲッコウガをみつつ対面性能の高いポケモンとしてかなり優秀なポケモンです。ですがフィールドを貼られてからの裏の鋼に引くといった行動をかなり取られていたため仕事できないときもありましたね。なので、出すか出さないかを見極めるのが重要な試合も多かったです。

 

基本選出

ガッサorカバ+メガ+z

 

まとめ

ルカリオ構築としてはかなり綺麗にまとまった形にしたつもりでしたがそれでも勝ちきれませんでした。こちらが先に展開できれば3タテをすることも容易でしたがその分相手に展開されたときのリカバリーが効かないので1手1手のプレイングがかなり重要視されます。また、このパーティーはテテフを舐めすぎているためステロを巻かれてからのスカーフテテフ全抜きやリザの文字を耐えられて返しのzで飛ばされるなどとかなりきついものがありました。

今期を通して思ったことはあまりにも攻撃的すぎて受けという概念が少なかったのでもうすこしサイクルも回せつつ対面と積みで勝つプランもみれるような構築を作っていきたいと思いましたね。あとは今頃かと思われますがカプ系統がいないため対面での打ち合いに負けるが多かったのでこちらもその対策を入れつつカプを入れる必要があるなとも思いました。そして、先ほど述べたようにテテフを中心としたエスパーの一環が酷すぎるので鋼枠を設ける必要もありました。(ルカリオは鋼タイプではないので含まれない) ですので次のシーズンはこの3点を重視してパーティーを作っていき目標である21を目指していきたいと思います。

ここまで付き合っていただき本当にありがとうございました。20達成したときの画像を貼っておきますので参考程度に見て欲しいと思います。

最後にこれと全く同じ構築がありますが構築共有とかは一切行いっていないのでそこのところはご了承ください。

f:id:o9o61982775754:20180313160644j:image

 

何か質問等がありましたら、Twitter(@Michael_pokemo)までお願いします。

 

 

 

 

 

 

第4回へべれけオフfinal オフレポ

 サムネ

f:id:o9o61982775754:20180225215524j:image

 

どうもマイケルです。今回は2月24日行われたへべれけオフのオフレポになります。簡単にしか書けませんがぜひ最後まで楽しんでください。(個人名を出すと思いますがご了承ください)

 

24日へべれけオフ

へべれけオフじたいは19時スタートだったためそれまでの間なにしようか迷っていました。するとTLで多くのポケ勢がポケセンに集まっていたのでそこに合流することにしました。そこにはへべれけ主催のこんのさんをはじめ多くの人たちが集まっていました。そんななか自分はいつも仲良くさせてもらっているとすT君、でぃーさん、パーセントさん達と合流することができました。とすT君とでぃーさんはスタバでへべれけのパーティーを用意してたため自分とパーセントさんはポケセンのほうに向かいました。そこでパーセントさんからあるものを渡されました。それはなんと誕生日プレゼントです。その日自分は誕生日だったためとても嬉しかったです。プレゼントはカプ・テテフgxだったのでとても嬉しかったです。(またパーセントも同じく誕生日だったのでのちにプレゼントを買いに行くことしました。)そしてポケセンに行くとポケカのフリー対戦イベントがあったので2人で参加することにしました。そのイベントは3勝するとRR団のボス達と写真が撮れる抽選権がもらえるものでした。正直それには興味なかったですがただただ対戦がしたかったのでやりました。そこからは別行動で黙々と対戦していました。そこにとすT君とでぃーさんそしてディッシュ君も合流してみんなでポケカをやっていました。途中でパーセントさんは酒を取りに行くということで一度帰られました。ポケカの個人結果は3-1でなんと抽選権をゲットしました。しかし、それにはまったく興味なかったのでそのままパーセントのプレゼントを買って池袋を後にしました。そして会場である新宿のほうに向かいました。そこで少し腹が減ったということで一蘭で飯を食うことにしました。個人的に初一蘭でしたがとても美味しくて替え玉1.5も頼んでしまいました。

f:id:o9o61982775754:20180225210338j:image

そして本命であるへべれけの会場に到着しました。外には参加者が多くいてこれ絶対歩行者の迷惑になるだろうと思いながら列に並んで会場入りしました。受付する際にお金を払うのに加えて未成年かどうかチェックすることも行なっていました。自分はもちろん未成年のため酒を飲むことはできません。その際成人か見分けるために目印をつけることになりました。それはポケモンの道具にちなんだものが多く自分は襷を渡されました。(個人的に襷はよく使うアイテムなので悪くはなかったですがサイズが小さくてかけられませんでしたねw)そして会場入りするともってぃさんとパーセントさんがさきに待っていました。そこでパーセントに無事プレゼントを渡すことができました。またもってぃさんからもプレゼントとしてgxバトルブーストをもらい誕生日って幸せだなと思っていました。そして対戦参加である自分はテキーラブロックのほうに向かいました。そこでは1つのテーブルに5人いてその人たちと対戦を行い1位の人が本戦にいけるというものでした。そしてブロックの人たちと仲良く話しながらオフが始まるのを待っていました。その際個人で持ってきた酒を各々出しはじめているなか自分はカウンターにいきウーロン茶をもらってきました。これが成年と未成年の差なのだと実感しました。そして主催であるこんのさんが挨拶を行いついにへべれけオフfinalがスタートしました。対戦時間も限られていましたので早速始めました。周りは酒を飲みながらやっているなか自分は淡々とポケモン対戦に集中していました。そして対戦を全て消化し個人成績2-2で終わりました。対戦じたいはあまりよい結果ではなかったため反省しています。そしてそこからはフリーとなったためフォロワーさんや実況者さんのみなさんとワイワイ楽しくトークをしていました。以外と時間が経つのが早く気づいたら本戦の3決と決勝が始まりました。3決はFFであるシアンさんが出ていたため応援をしていました。対戦は初手から相棒であるラプラスドヒドイデに零度をあてて会場は一気に盛り上がりました。そこからシアンさんが華麗に詰めていき3位になりました。そしてついに決勝対戦カードは実況者であるむむさんとFFでもありブラッキーマンダと"催眠"ゲンガーでおなじみクゥリさんです。そして会場も大盛りのなか決勝が始まりました。対戦内容はクゥリさんがかなりおせおせで進むなかある事件が起きました。なんと"切断"が起きたのです(おそらく故意のものではなく単なる回線不良と思われる)対戦を再現することもほぼ不可能なものであるため運営が出した決断はジャンケンです。じゃんけんはじゃんけんでもクゥリさんがかなり有利だったためむむさん側は(たしか)2勝しなければなりませんでした。そして運命の1回戦会場も盛り上がるなか勝ったのはクゥリさんということになり第4回へべれけオフfinalの優勝はクゥリさんになりました。そこから閉会式が始まりました。そこである質問がでました。

「ズバリ第5回はやりますか?」

そしてこんのさんが出した答えが

「やります!!」

会場 「うおおおおおおおーーーー!!!!」

と大騒ぎになりました。

まぁー、完全にその場のノリで言ってしまったものだと思われますね。運営側も本当に最後だと伝えられていたぽかったのでみなさん気長に待ちましょう。

そして自分はいろんな人に一通り挨拶を終わらせていつものメンバーと少し話したあと自分は明日もオフがあるため先に帰ることにしました。

これにてへべれけオフのオフレポを終わりたいと思います。

最後に文のところどころに酒が飲めないことについていろいろと書いていましたが実際は飲めなくてもとても楽しかったです。もし次があるならぜひ参加したいと思いました。(できれば酒も飲みたいのであと1年くらいやってくれると嬉しいです(*^ω^*))

 

【s7 最高&最終2030】テテフ始動ルカリザx

 

f:id:o9o61982775754:20180123102327p:image

 

始めましての方は始めましてそうでない人はいつもありがとうございます。マイケルです。

今回はUSM s7で使用していた構築記事となります。この構築はs5でらりるさんが使用していたのを参考にして作りました。

http://rarirupoke315.hatenablog.com/entry/2017/09/12/124903

コンセプトとしましてはテテフ+ミミッキュ+メガ枠を基本選出とした対面パーティとなっています。それでは単体考察のほうに入っていこうと思います。

 

1、ルカリオ@メガ石

f:id:o9o61982775754:20180123104016j:image

 精神力→適応力

臆病 b4 c252 s252

きあいだま、ラスターカノン

しんくうは、わるだくみ

 

相棒&メガ枠。受けル系統の受けサイクルを崩すために今回は特殊ルカリオを採用しました。毎度のことながら当たる気合玉は強いが外す気合玉はクソなので本当に心臓に悪い技です。調整等は特になく普通のcsぶっぱとなっています。

 

2、リザードン@メガ石x

f:id:o9o61982775754:20180123143752j:image

もうか→かたいつめ

意地っ張り a252 b4 s252

フレアドライブげきりん

ニトロチャージ、じしん

 

もう一つメガ枠。今回はヒードランの採用率が増えたためいつも剣舞を入れている枠に地震を採用することで技範囲を広げることにしました。あとはアーゴヨンに対してもげきりんで拘らずに打てたのでそこそこ使いやすかったです。あと使っていて思ったことはげきりんの枠を雷パンチにしてレヒレやマリルリに対して打点が持てるようにするのも良かったですがマンダやリザを考えるとげきりんのほうがいいのでここら辺は好みだと思います。調整は相手に負担をかけるために意地っ張りasぶっぱとなっています。

 

3、ミミッキュ@ミミッキュz

f:id:o9o61982775754:20180123145845j:image

 ばけのかわ

意地っ張り H164 A140 B196 D4 S4

じゃれつく、かげうち

つるぎのまい、のろい

 

ストッパー&z枠。いつも使っているabミミッキュです。調整自体は特にいうことはないと思います。ミミッキュは今作から専用z技としてミミッキュzが配られました。普通のフェアリーzよりも断然に火力が出るため、倒せないポケモンを倒せるようになったり、相手にかける負担もかなり多くなりました。しかし、接触技になってしまったのでゴツメ等のダメージを食らってしまうため調整が崩れることもあったので一長一短でした。あとは今期は鋼ポケモンの採用率が増えたためゴーストzを持ったミミッキュもかなりいましたがこのパーティに関しては鋼はメガ枠でみれて、逆にメガ枠に強いマンダやバシャへの打点として自分はミミッキュzを採用しました。

 

4、カプ・テテフ@気合の襷

f:id:o9o61982775754:20180123151438j:image

 サイコメイカー

臆病 b4 c252 s252

サイコキネシスムーンフォース

10万ボルト、ちょうはつ

 

展開&襷枠。初手に出すのにかなり安定して、フィールドを貼ることによって後続のメガ枠のサポートにもなる優秀なポケモンです。調整は準速ミミッキュを上から殴れるように臆病csぶっぱとなっています。技構成として珍しいところでは10万でしょうか。10万はカグヤとギャラ意識で入れています。特にギャラに関しては対面した時に基本的にメガシンカしないので一撃で落ちていくためかなりよかったです。最悪メガされてもある程度のダメージを与えられるので安定はしましたね。あとはポリ2のトリルや自己再生の封じるための挑発あたりですね。こいつも火力がかなりおかしいのでサイキネ連打してるだけで相手が受からずに倒れていくこともあるほどに強いポケモンでした。

 

5、ゲッコウガ@草z

f:id:o9o61982775754:20180123153501j:image

 へんげんじざい

臆病 b4 c252 s252

れいとうビームくさむすび

めざめるパワー炎、みずしゅりけん

 

地雷&第2のz枠。今期はかなり激流ミズzゲッコウガが多かったためレヒレやマリルリナットレイなどが後出しされることが多かったです。それを逆手にとって草zでレヒレやマリルリを狩って裏のルカリオやリザで詰めていくといった行動をよくしました。特にマンダナットレヒレみたいな並びならこいつ1匹で見れるのでかなり有利に立ち回れることが多かったです。たとえ、草zが読まれたとしてもくさむすびだけでもそこそこダメージが取れるので裏の圏内には入るのでそこまで悪くないですね。あとは激流ゲッコウガ意識でギャラもメガしてくることが多かったのでくさむすびは刺さりましたね。このポケモンは型も豊富なため、そのシーズンだけの流行りで判断するのはかなり危険なポケモンですね。本当に厄介なやつです。

 

6、マンムー@こだわりスカーフ

f:id:o9o61982775754:20180123154613j:image

あついしぼう

陽気 a252 b4 s252

つららばり、じしん

こおりのつぶて、ばかぢから

 

スカーフ枠。こいつは本当に環境に刺さっていたポケモンです。流行りのガッサ、ゲッコウガアーゴヨン、カプ・コケコを上から殴ることによって無償で一体持っていけることがあったためかなりサイクルを有利に進めることができました。また、ルカリザ両方が苦手なランドに対しても有利に立ち回れるのでこいつは優秀なポケモンでした。しかし、ほかのスカーフ枠と比べてストッパー性能は低いため積まれたり、速いスカーフ持ちなどに倒されることもあったので使い方が難しかったですね。あとは礫の枠はリザへの打点としてエッジを入れたかったですが襷要員を考えて最後に礫を打ってしめるといった動きも強かったので選択ですね。調整はコケコ、メガゲンガーを上から殴るために陽気asぶっぱとなっています。

 

選出

基本選出

テテフ+ミミッキュ+メガ枠

レヒレ入りのマンダ軸

ゲッコウガ+テテフ+メガ枠

ガルーラ軸

ルカリオ+マンムー+ミミッキュ

受けル

ゲッコウガ+テテフ+ルカリオ

 

感想

 構築自体はかなり環境にも刺さっていましたがいかんせんゲッコウガが型によってゲームが決まってしまうこともあったので完全に有利とは言いにくいですね。それ以外は基本安定した動きを取れたので対面らしい行動をとりやすかったなとも思います。

今期はUSM 初シーズンということもあり、かなり苦戦しました。環境の移り変わりも速くて刺さっていたポケモンもいつのまにか刺さらなくなっていたりとメタがしにくかったです。あとアーゴヨンゲッコウガ、カプ・コケコ、メガゲンガーといった足の速いポケモンも増えてきて単純なsラインもあがっていて倒しにくいのに加えてここらへんのポケモンにルカリザが刺さりにくいということもあり、対策に本当苦労しました。今期は何個パーティを作ったかわからないくらいいろいろ回していました。そのため、2000に載せるのもかなり遅くなりあまり余裕がありませんでしたね。今期はインフレしていたのもあり2100載せられなかったのは本当に悔やまれます。来季はスタートダッシュをしっかり決めて最終日には余裕をもってうえを目指せるようにしていきたいと思います。

最後に今期最高レートを更新した時の画像を貼っておきますので参考程度に見てください。

f:id:o9o61982775754:20180123162527j:image

 

何か質問等がありましたら、Twitter(@Michael_pokemo)までお願いします。